ペット可物件探しは時間と手間をじっくりかけよう

ペット可物件が少ない理由を知っておく

大切な家族としてペットを飼育している人にとって、ペット可物件の少なさを実感する機会は多いでしょう。都内の高級賃貸マンションならば、防音性能にお金を掛けているのでペット可物件が多いです。しかし、一般的な賃貸住宅では木造住宅も含まれているので、ペット共生住宅以外ではそもそもペット飼育を前提として建築されていません。完璧にしつけがされている犬ならば室内の破損は少ないものの、猫を室内飼いすると爪とぎやキズが多数付くので修繕費用が嵩みます。退去時の精算金にトラブルが出やすいわけです。

ペット可物件は流動性が低い

ペットを飼育している人は、一度入居すると次の転居先を探すことが困難なために、更新して長期入居を行なう傾向にあります。元々少ないペット可物件に対して、空室が出にくい環境が加わるので、条件が良い部屋ほど短期間で探そうとしても見つからないでしょう。納得出来る設備を備えて家賃が手頃な優良物件は、半年程度の余裕を持って探す必要があります。

空室対策としてペット相談可としている物件に注意

ペット可物件と似たタイプとして、賃貸情報にペット相談可とされているケースがあります。なぜなら、空室対策として後からペットを許可制で入居させようとしている場合、ペットを飼っている入居者が長期入居してもらえるという期待から個別に審査して許可を出していると考えられるからです。中にはオーナー判断により、他の入居者の意向とは無関係にペット飼育許可を出して、入居者同士のトラブルに発展することがあります。空室対策としてペット飼育許可が出ている場合には、オーナーによるトラブル仲介を期待出来ない点に注意が必要です。

北海道の南西部に位置している北斗市は、漁業や農業が盛んな地域となっています。近年では、北斗駅周辺も土地区画整理で整備が進んでいることもあり、北斗市の賃貸物件は良い物件が多くあります。