敷金と礼金って必ず必要?地域による差も知っておこう!

敷金は将来的には戻される予定のお金

賃貸物件を利用するとき、利用し始めると毎月一定額の費用がかかります。賃料と共益費がかかります。マンションやアパートだと共用部分があるので、どうしても共益費がついてきます。それ以外に意識をしないといけないのが、入居するときにかかる費用でしょう。その中でも大きいのが敷金になります。賃料の数箇月分に設定されているケースもあり、引越しをするときのネックにもなります。多くの費用は、一旦払うとそのまま戻ってはきません。でも、敷金は違います。将来的には戻される予定のお金です。賃料が滞納された時や退去をするときの原状回復費用がかかるとき、精算ができないときに使われるときもあります。原状回復費用で引かれすぎないよう注意しないといけません。

地域による違いが出やすい入居時の費用

賃貸物件を利用するとき、初期費用と継続的に支払う費用に注意しないといけません。初期費用は最初に必要になるので、そのお金がないと利用できません。何にどれだけかかるか知っておく必要があります。初期費用の中にあるのが礼金です。礼金は、全国的に見るとかかるところとかからないところがあるとされています。関東地方は礼金文化が長いとされています。地方から都会に出てくるとき、親が子供の面倒も含めて大家に依頼した習慣から始まったとされています。一方、その他の地域ではあまり見られず、大都市のある近畿地方などでもあまり見られないとされています。金額は1箇月分の賃料ぐらいになるので安くはありません。交渉で減らしてもらえる可能性があります。

札幌の菊水の賃貸は、中心部に程近い場所にありますので非常に便利です。しかし、家賃は安めなのでお得に住むことができてしまいます。