ペット可物件は入居条件を最初に細かく確認しましょう

契約書の内容をペット可物件は特に細かく確認する

賃貸物件の中でペット飼育可能な部屋は少なく、全体の1割以下の部屋数しかありません。なぜなら、ペットの種類により室内が極端に汚れることが少なくないからです。原状回復費用が高額となる可能性もあるので、敷金として2ヶ月から3ヶ月程度納める物件が大半を占めます。しかし、敷金は原状回復費用を除いた後で返金する必要があり、近年では最初から清掃費用として定額負担を求めているケースが少なくありません。人間が生活している上で自然に摩耗する部分まで原状回復費用を払う必要が無い点に注意が必要です。

原状回復費用が不当に高い場合に注意しよう

原状回復費用として定額清掃費を徴収している賃貸物件は、敷金を1ヶ月以下としていることが多く、原状回復費用が高めとなる傾向があります。ペットの種類に関係無く一定額を徴収している場合には、割高となっていないか確認した上で契約可否を判断しなければなりません。壁や柱にキズをつけやすい猫を飼育している場合にはやむを得ませんが、盲導犬や聴導犬といった訓練された犬に対しても定額清掃費を徴収する点に注意が必要です。

心配ならばペット共生住宅限定で探す

費用と騒音問題の双方に神経を使いたくない場合には、最初からペット飼育を前提に設計されているペット共生住宅を利用すると良いでしょう。ペット用足洗い場や水飲み設備が整っており、入居者同士の理解が深いペット共生住宅ならば、近隣トラブルに悩まされること無く安心して暮らせるわけです。全てはオーナー側の考え方が、賃貸物件の建設段階から反映されているかどうかが重要となってきます。

東札幌の賃貸を借りることで、とても優雅な生活ができるでしょう。その理由は、少ない家賃で素晴らしい物件を借りられるからです。