必見!これだけ知っておきたい店舗デザインの方法

独りよがりにならないことが大切です

何かしらの店舗を作る際には、内装のデザインは重要です。自分の店舗なのだからと、オーナーの好きなようにしてしまいがちです。ところが、それでだとなかなか集客できない場合も珍しくないのです。あくまでもお客さんに来てもらうための施設ですから、ターゲットとなる客層を意識して造っておく方が得策です。そのためにはまず、年齢や性別、どういった趣向の人たちに向けて商売をするのかを明確にしておくと、デザインを決めやすくなります。

それから使いやすいというのも無視できないポイントです。店舗で働くスタッフが動きにくいと業務に支障が出ます。それはやがてお客さんの不満につながる可能性もありますから、動線や在庫の置き場所なども考慮しておくと良いです。

業者の選び方について

ある程度のコンセプトが決まったら、店舗デザイン業者を探さなければいけません。ただ、初めての場合だとどこが良いのかわからないといったケースが多いでしょうから、とりあえず片っ端から連絡をしておきましょう。そして過去に手掛けた店舗の写真を見せてもらっておけば、どんなデザインを得意としているのかがわかります。

また、どういった形態の業者なのかのチェックもしておきたいです。業者の中には店舗デザインだけを請け負っていて、施工は外注するところもあります。逆に施工のみのところもあれば、最初から最後まで一社で行う業者もいます。それぞれにメリットがあるため、しっかりと理解した上で依頼しておくと、失敗する確率を下げられます。

店舗の内装は業種の特性に合わせて決めるのが普通なので、リフォームを施す際は配色やデザインに注意します。特に開放感や清潔感が重視される業種は奇抜な変更を避け、無難な内装にするのが効果的です。