目線を変えて部屋を探してみよう!?宣伝されていない部屋を内見する

積極的に宣伝している部屋は不人気物件ってホント!?

今まで駅前の不動産屋のみで部屋探しをしていた人にとって、更新してまで住み続けたいと考える部屋は少ない傾向にあります。なぜなら、インターネット公開されている部屋や駅前の不動産屋ですぐに紹介を受けられる部屋は、オーナーからの広告費が積み増しされている不動産屋にとって儲かる物件だからです。空室が長く続く不人気物件を営業力で無理にでも入居させるために、オーナーから広告費として家賃の数カ月分の費用を成功報酬として不動産屋は受け取ります。だからこそ、必死でオススメする部屋が生まれるわけです。

優良物件ほど非公開で決まってしまう

空室が出ると賃貸募集として出回る前に次の入居者が決まってしまう部屋があります。優良物件として知られる部屋には、近隣に住んでいる人だけでなく、以前内見した時に既に成約してしまった状態で空き待ちをしている人がいるからです。優良物件のオーナーは、不動産屋に依頼する段階ですぐに成約することが分かっているので、広告費として最小限しか出しません。宣伝費をかけなくてもすぐに空室が埋まるので、不動産屋への仲介手数料代わりに広告費を出す程度です。

地元の不動産屋を積極手に利用しよう

優良物件の特徴さえ知っていれば、巡り会える可能性があるので、次の部屋を探そうと考えた段階で地元の不動産屋へ直接出向いてじっくり話をすると良いでしょう。専任媒介契約をオーナーとしている物件に優良物件が多いので、最初から専任媒介契約狙いで探していることを公言してみる方法があります。不動産チェーン店では出来ない不動産屋とオーナーの信頼関係があるからこそ、入居者選びも実質的に不動産屋が行っているわけです。

苫小牧の賃貸には、コーポやアパートでも駐車場付きの賃貸物件があり、大学生などに人気が高く多く利用しています。